地方自治体・庁舎向けマイナンバー制度対応

自治体・庁舎向けマイナンバー対応
自治体運営の拠点となる庁舎は、そこで働く職員や訪れる住民など、多くの人々が集い、つながりあう場でもあります。
マイナンバー制度が始まり、マイナンバーカードの交付が集中する平成28年1~3月には、人口の7~8%にあたる住民が窓口に集中し、さらに交付手続きには一人あたり10分以上の時間を要するため、窓口の混雑はかつてないものとなることが予想されます。
そのため、マイナンバー制度に対する窓口レイアウトの設計・構築はすべての地方自治体にとって急務となります。

内田洋行は、マイナンバー対策と合わせて、セキュリティを高めながらそこで「働く人」「訪れる人」の誰もが便利で使いやすい空間をご提案します。

窓口カウンターレイアウト例



マイナンバー窓口・総合窓口レイアウト構築

マイナンバー対応
マルチ記帳台


マイナンバーカードの情報を読み取り、申請書記入の手間を省力化することで住民サービスの向上を支援する全く新しいコンセプトの記帳台です。
申請書の様式追加、変更が簡単にできます。

窓口カウンター
VISIT(ビジット)


シンプルなデザインで男女を問わずあらゆる世代のゲストを心地よく迎えます。
車いすカウンターや、プライバシーに配慮したサイドパネル、ステッキホルダーなどの豊富なバリエーションと機能で最大限のホスピタリティを演出します。
▶VISITの詳細はこちら

エントランス用サイネージ
Board Man Touch


来庁した住民に対してタッチパネル方式で窓口をご案内するインタラクティブサイネージです。音声案内と組み合わせたり、外国人向けのコンテンツを作成することもでき、お客様の戸惑いを解消します。
Board Man Touchの詳細はこちら

窓口内・事務スペースのセキュリティ対策

マイナンバーカード収納ロッカー
SECURAGE


配布用のマイナンバーカードを保管する収納庫です。扉ごとに利用者を限定、開閉履歴の管理も可能です。
SECURAGEの詳細はこちら

マイナンバーカード収納耐火金庫
ストロングUKCJ


マイナンバーカード、個人情報ファイルを補完する耐火金庫です。耐火・防盗性能を有しており、施錠開錠は管理者のICカードで実施し、開閉履歴も確認できます。
耐火金庫ストロングUKCJの詳細はこちら

業務端末管理システム
ASSETBASE


マイナンバー業務端末における情報漏えいなどのセキュリティリスク対策に高い効果を発揮するIT資産管理システムです。
ASSETBASEの詳細はこちら

ネットワーク基盤システム設計・構築

マイナンバー制度に対応するネットワークでは、自治体中間サーバー・プラットフォームへの接続や特定個人情報へのアクセス制御が非常に重要な条件であり、総合的な対策が必須事項となります。
内田洋行では、現状のネットワークアセスメントの上、マイナンバー制度への対応に向け、既存ネットワークの統合やきめ細かなアクセス制御を行い、高度なセキュリティ対策を実施します。

ウチダのご案内

UCHIDA MORE INFORMATION

カタログ

カタログ

ウチダオフィスカタログ、iCata など

「体感する“場”」ショールーム

ショールーム

拠点一覧、見学のご予約など

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

ご相談、お見積りのご依頼など

お電話での
お問い合わせ
  • フリーダイヤル
  • 0120-077-266
  • 祝祭日を除く月曜日から金曜日
    午前9時~午後5時