UCHIDAが考える働き方改革とは

UCHIDAが考える働き方改革とは

イノベーションを創出する
強い組織をつくる

企業が競争に勝ち残るためには、新しい価値、つまり「イノベーションを創出する強い組織をつくる」ことが重要です。そのために、組織横断的なコミュニケーションの活性化、情報や知識の共有、会議の生産性の向上、ICTの高度活用といった「働き方」の変革に注目が集まっています。

        

1人ひとりが自律的に生き生きと働いている。
組織のダイナミズムを発揮して価値創出している。

UCHIDAは、企業の強い組織づくりをご支援する様々なソリューションをご提供いたします。

「本当の働き方変革」とは?

近年の社会構造変化によって、働き方改革(働き方変革)は企業にとって重要な経営課題となっています。ところが、残業を減らしたり、会議時間を短くするだけでは「本当の働き方変革」は実現できません。 働き方変革の真の目的は、これからの社会を勝ち抜くための新しい価値、つまり「イノベーションを創出することができる組織をつくる」ことです。

内田洋行は、1989年に「知的生産性研究所」を設立し、働き方の調査・研究、企業や組織のワークスタイル変革に携わってきました。その経験を活かして、私たちは、働き方変革を「創造性」「効率性」 「躍動性」の3つの評価軸で捉えています。

また、評価軸は経営サイドやワーカーそれぞれの立場により着眼点や高めるアプローチが異なることを踏まえる必要があります。 両者が納得・共感した上で取り組めることが、働き方改革成功のポイントです。

ウチダのご案内

UCHIDA MORE INFORMATION

Change Working Magazine

お役立ち資料

働き方改革のヒントとなる
資料・冊子をご用意しました。

ショールーム

ショールーム

「Change Working」実践の場を
ご覧になれます。
[ 内田洋行 新川第2オフィス]

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

ご相談、お見積りのご依頼など

お電話での
お問い合わせ
  • フリーダイヤル
  • 0120-077-266
  • 祝祭日を除く月曜日から金曜日
    午前9時~午後5時

TOP