働き方変革の課題解決 Navi

働き方改革のプロジェクト推進や施策の検討段階において
このようなお悩みはありませんか?

  • 限られた時間の中で、オフィス移転と働き方改革を実現できるのか不安。
  • 社員の意見を取り入れたオフィスにしたい。
  • プロによる専門意見・アドバイスを受けながら移転プロジェクトをスムーズに進めたい。
困ったときは専門家に相談を!

オフィス移転を機に働き方改革を進めるのは非常によい機会である一方、プロジェクトを担う側には非常に大きな負担と責任が発生します。なぜなら、オフィス移転や働き方改革には、考えるべきことや手足を動かすべきことが同時に膨大なタスクとして発生し、普段の業務では出くわすことのない専門知識が必要となってくるからです。さらに、「移転」と「働き方改革」のプロジェクト主体者が異なる場合、せっかく「働き方改革」で出てきた施策がオフィスづくりに活かされず、ばらばらの動きになってしまうこともあります。

そこでおすすめしたいのが、移転と働き方の両方に詳しい専門家の力を借りることです。過去の経験やノウハウ、体系化された手法を用いて、お客様に代わって効率的にプロジェクトを遂行できます。

UHCIDAでは、移転業務をお客様に代わって取り仕切る一般的な移転プロジェクトマネジメントではなく、働き方改革を実現する移転プロジェクトマネジメントをご提供。会社のめざすべき姿を、「環境(ハード)」と「行動(ソフト)」の両側面からご支援し、貴社の経営課題解決に貢献いたします。

UCHIDAの「働き方改革」×「移転」の支援サービス

経験豊富な専門家チームが、働き方改革を実現する移転プロジェクトマネジメントをご支援いたします。

オフィス移転の流れ
UCHIDAの特長
  • 「移転」も「働き方改革」も経営課題の解決への取組み。よって、会社がめざす方向から考えることが重要だと考えます。
  • オフィスづくりをお手伝いする際はプログラミング(調査/分析、基本計画)を最も重要視。トップインタビュー、社員の方々へのアンケート調査などを実施します。さらに、社員参加型のワークショップを複数回行い、とことん議論する機会をつくります。
  • 働き方というソフトから、ファシリティやICTインフラなどのハードまでをマネジメントする「Change Working 戦略マップ®」や、あるべき姿を描き出し日常行動の姿として共有する「シーン・メイキング®」など、独自のツールを用いてプロジェクトを進めます。

ウチダのご案内

UCHIDA MORE INFORMATION

Change Working Magazine

お役立ち資料

働き方変革のヒントとなる
資料・冊子をご用意しました。

ショールーム

ショールーム

「Change Working」実践の場を
ご覧になれます。
[ 内田洋行 新川第2オフィス]

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

ご相談、お見積りのご依頼など

お電話での
お問い合わせ
  • フリーダイヤル
  • 0120-077-266
  • 祝祭日を除く月曜日から金曜日
    午前9時~午後5時

TOP