リフレッシュエリア オフィスデザイン・レイアウトのポイント

従業員間の気軽なコミュニケーションを活性化する場
休憩・気分転換のためのリフレッシュエリアは、従業員間の気軽なコミュニケーションを活性化する場としても重要な役割を担っています。自然に人が集まる場所には、自然に情報も集まります。一人ひとりがもつ“情報の出会い”が、全く新しいアイデアを生み出すチャンスです。気軽なコミュニケーションから、内容が濃いブレインストーミングへ。知的交流の活性化は、企業の活気にもつながります。

リフレッシュエリアのデザインポイント

  • ひとが集まる仕掛け
  • 人・情報が“見える”仕掛け
  • 効果的な気分転換
  • 空間の有効活用
  • ホスピタリティ

カフェスペースのレイアウトプラン

貴重なコミュニケーションの場に
飲み物や食べ物は、コミュニケーションの誘発にとても有効です。オフィス内にカジュアルなカフェスペースを設けることで、自然とコミュニケーションを活性化することが期待されます。効果的なリフレッシュという観点からも望ましく、ちょっとした作業にも使えるように計画することで、より利用頻度が高く、人が集まる場にすることができます。
カフェスペース
電子レンジや冷蔵庫を組み込んだハイテーブルを中心としたコンパクトなカフェスペース。あたたかみのあるインテリアやリラックスできるソファも有効なアイテムです。
ハイテーブル
立ったまま利用するため、周りから見えやすく、コミュニケーションを誘発します。執務エリアと視線の高さが変わることで気分転換になり、ちょっとした作業台としても有効活用できます。
ライブラリー
本や雑誌を読むことも気分転換につながります。仕事に役立つ書籍からの情報はもちろん、人と会うことにより、さまざまな情報が入手できます。

リフレッシュエリアに求められる主な機能

キッチン機能
オフィス内に本格的なキッチンを設けなくても、コーヒーサーバーやウォーターサーバー、冷蔵庫、電子レンジなどがあれば、あとは運用の工夫で魅力的なスペースにすることができます。
ライブラリー機能
飲み物、食べ物だけでなく、参考図書や雑誌などを置くことで、人が集まるきっかけを与えることができます。
情報表示機能
人が自然と集まるユーティリティスペースにデジタル、アナログ問わずさまざまな情報を用意することで、交流が生まれやすい空間となります。

リフレッシュエリアのデザイン・レイアウト事例

経営者・総務担当の皆さまに役立つ資料をご用意しております。
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ・ご相談
ご相談、お見積りのご相談など
0120-077-266
祝祭日を除く月曜日から金曜日 午前9時〜午後5時

TOP