オフィス・空間デザイン

人を中心とした考え方で、「働く場」をデザイン。
個人や組織、空間のポテンシャルを最大限に引き上げます。

人が働く場の主役は当然、人です。私たちのデザインはデザイナーの思い付きではなく、様々な根拠と、最新・最善の情報に基づいたデザインを特徴としています。空間デザインと運用計画を通して人が主役となるチカラ溢れる場=POWERPLACEの実現を目指します。

働く人と働き方の多様化により、これまでの島型デスクとキャビネットが規則正しく並ぶ従来型オフィスは、近い将来マイノリティになっていくであろうと私たちは考えています。事務所という単機能空間からワークプレイスという、働くフィールド全てがオフィスである、という時代が既に到来しています。これからの「働く場」は多様化に対応する成長・進化するオフィスであると考えます。

企業文化を表現する場

企業の文化や組織風土を社内外に表現する場創りが大事であると私たちは考えます。クライアントやビジネスパートナーを迎えてのフロントヤードでの創造的なおもてなしは、企業のイメージを社外に発信する大事なプロセスであると言えます。そして、社員も働く場に愛着を持ち、全員で進化させ成長させていく、そんなオフィスを実現いたします。

情報を交換する場

オフィスワーカーはなぜオフィスに行くのか?もはやデスクワークの為では無く、フェイストゥフェイスでの情報交換の場=オフィス、といっても過言ではないと私たちは考えます。働く人が持つ最新の情報を組織を超え気軽に交換できる、街角のカフェのようなオフィス。徹底気にコラボレーション出来るクリエイティブなオフィス。そのようなオフィスを私たちは提供いたします。

学習できる場

企業は成長する宿命を背負っています。その原動力になるのがオフィスワーカーです。創造的なワークには学習が不可欠です。大学のキャンパスのような創造的な学習空間がオフィスに存在しても良いのでは?と私たちは考えます。社員が自ら学習しフィードバックする、そんな能動的なオフィス創りのお手伝いをいたします。

進化・可変する場

ICTの劇的な進展や、働く人々の多様化により、「働き方」はこれまで以上に進化して行きます。それに対して「働く場」の柔軟な追従が求められます。私たちは起こりうる進化を予測し可変するオフィスをプログラムして行きます。インテリア、ファニチュア、ネットワーク全てにおいての可変性を追求し、組織変更等が多い企業にもコストパフォーマンスの高いオフィスを提供いたします。

エビデンス・ベイスド・デザイン / Evidence Based Design


空間デザインはファインアートと違って機能性・効果性、そして豊かさが命であると私たちは考えます。人が働き、学び、生活する様々な場の主役は当然、人です。私たちのデザインはデザイナーの思い付きではなく、様々な根拠と、最新・最善の情報に基づいたデザインを特徴としています。空間デザインと運用計画を通して人が主役となるチカラ溢れる場=POWERPLACEの実現を目指します。

関連情報

ウチダのご案内

UCHIDA MORE INFORMATION

カタログ

カタログ

ウチダオフィスカタログ、iCata など

「体感する“場”」ショールーム

ショールーム

拠点一覧、見学のご予約など

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

ご相談、お見積りのご依頼など

お電話での
お問い合わせ
  • フリーダイヤル
  • 0120-077-266
  • 祝祭日を除く月曜日から金曜日
    午前9時~午後5時