役員室・応接室 オフィスデザイン・レイアウトのポイント

複合的な機能を持った特別な場
オフィスにおける役員室・役員応接室は、企業の経営に関する意思決定がなされる場です。部下の相談を受けたり、稟議書や機密文書など多くの書類を扱うことも多いので、機能的な執務スペースや打ち合わせ場が必要となります。さらに秘書室との動線も考慮したレイアウトが必要です。また、重要顧客を迎えるのにふさわしい設えにするため、機能だけではなくインテリアデザインにもこだわりたいものです。

リフレッシュエリアのデザインポイント

  • お客様をお迎えする、役員の応接の場として相応しい格調
  • 意思決定を行うための集中できる環境
  • 部下との打ち合わせができるスペース
  • 機密情報の漏洩を防ぐ、セキュリティへの配慮

役員室・応接室に求められる主な機能

応接・執務機能
役員個室(応接)はお客様をお迎えする『場』としても使われる空間。​パーソナルエリアではあっても、役員の応接の場として相応しい格調のある空間にすることが求められます。​近年はソファタイプではなく、テーブルタイプでICTを装備した役員応接室も増えています。
(写真:ヤンマー建機株式会社)
ミーティング機能
役員会議室は会社の意思決定スペースとして重要な役割を担います。​インテリアだけではなく、スピーディな意思決定やコミュニケーションの活性化に​必要なICTの導入、機密情報取扱いへの配慮など、機能とデザインを考慮した空間づくりが必要です。

役員室・応接室のデザイン・レイアウト事例

経営者・総務担当の皆さまに役立つ資料をご用意しております。
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ・ご相談
ご相談、お見積りのご相談など
0120-077-266
祝祭日を除く月曜日から金曜日 午前9時〜午後5時

TOP