エスアールジータカミヤ株式会社 様 本社オフィス移転 事例紹介

第28回 日経ニューオフィス賞「近畿ニューオフィス奨励賞」 受賞

BGMのように情報が流れるオープンオフィスは社員の意識改革で大きく成長する、新たな「ステージ」。

面積:
840 坪
人数:
200 名
業種:
サービス業
生活基盤であるビル・道路・橋・プラントなどのインフラ整備に欠かせない「建設用仮設機材」を全国に供給するエスアールジータカミヤ様。2014年12月5日東証一部に上場された、仮設機材の販売・レンタル大手企業です。
このたび、グループ企業との更なる連携と、スピードアップを図るため、グランフロント大阪へ移転をされました。
お客様の課題
  • ・ グループ全体が一体感を持って仕事が出来る風通しの良いオフィスの構築
  • ・ スムーズかつスピーディーな情報共有が可能な環境構築
UCHIDAの支援
  • ・ 眺望を活かしたオフィスレイアウト構築
  • ・ コミュニケーションを活発化させるさまざまな仕掛けの提案

ポイント紹介

社員のために最高の舞台を用意

昨今のスピード化社会の中で成長を続けて行くために、これまでのオフィスに限界を感じ、移転を決意されたエスアールジータカミヤ様。グランフロント大阪に構えた新オフィスには、市内に分散していたグループ5社が同居しています。

「社員には新しい環境を与えることで、働き方・意識を変えて欲しいと思いました。そのために、この新しいオフィスというステージを用意したんです。」(髙宮 一雅 社長)

執務スペースにはパーティションなどの目線を遮るものが全く無く、企業間の情報共有もよりスピーディーになり、連携を一層強固にしています。

フリーアドレス制へ2度目の挑戦

実は、同社でフリーアドレス制を取り入れたのは、これで2度目のこと。約8年前に初めてトライしたものの、LANや固定電話など、オフィス内を自由に動き回ることができない問題があり、最終的には固定席化してしまいました。また、社員全員分の席を用意しなかったことも、自席が無くなることを恐れ、座席を確保することに繋がり、上手く運用が出来ませんでした。

「ICTが進み、やっとフリーアドレスで働ける時代になってきたと感じ、再度チャレンジすることにしました。また、前回の経験を活かし、本当の意味のフリーアドレス、“働く場所を自由に選んでもらう”ために、席数は100%にとどまらず、150%くらい用意しました。」(総務部 西橋 康市 部長)

「会議室と来客スペース以外はどこで仕事をしても良いルール。固定席でなければいけない理由を出来るだけ排除し、仕事に合わせて場所を選択できるようになりました。」

自ら考えるオフィスで、さらなる躍進を

見晴らしの良い窓辺には、来客スペースのほか、打合せ・個人ワークにと自由に使えるスペースが広がっています。スタンディングデスクやソファータイプとバリエーションも豊富。「出勤したらまず“どこで働こうかな?”と考えることから始まるようになりました。」(西橋部長)

グループシナジーが活かせるように、と随所にモニター・プロジェクターが完備された打合せスペースを設置。思い立ったらいつでも、ちょっとした相談事から、活発な議論をすることも可能です。

「新しいオフィスでは、情報がBGMのように溢れています。あえて共有の場を設けなくても、誰が何をしているかを感じることができます。そんな空間の中で、必要な情報を取り入れ、自分がすべきこと、出来ることを考えて行動できるような個人の成長を促すことも、このオフィスの役割だと思っています。」(髙宮社長)
「第28回 日経ニューオフィス賞」 受賞
受賞オフィス

スペース紹介

ご担当者様の声


エスアールジータカミヤ株式会社
代表取締役社長
髙宮 一雅 様

オフィス環境は人を変えます。社員が気持ちよく働ける場は活力になり、いい仕事に繋がると考えています。今回のオフィス、「新たなステージ」をつくるにあたり、想いはほぼすべて実現できました。
新しいオフィスは物理的にも心理的にも壁を取り払ったオープンな空間。情報の流通スピードは間違いなくアップしています。ここで自らが考え、実施していく社員になって欲しいですね。


エスアールジータカミヤ株式会社
執行役員 総務部長
西橋 康市 様

引越し後のオフィスイメージは、社員には少しずつ伝えてはいたのですが、実際に見てもらったのは移転の前日でした。それだけ皆に絶対賛同してもらえる自信がありましたし、環境が変わることへの不安から、” 出来ない理由”を考えて欲しくなかったんです。
移転当日は普段よりも相当早い時間に全員が出社。モチベーションの前にテンションがMAXになってしまうという現象が起こりましたが、キラキラした社員の顔を見ていて、とても嬉しく思いました。
今後は新しい環境を活かして、どんどん新しいことにチャレンジして欲しいです。

担当営業の声


株式会社内田洋行
オフィスマーケティング事業部
西日本営業部
濱谷 聡一

エスアールジータカミヤ様は今回のグランフロント大阪への移転を機に、グループ一体となり企業力・ブランド力を高めていこうという強い思いをお持ちでした。
私はこのプロジェクトで、できるだけたくさんの与件をいただけるようお聞きすること、またいただいた与件から「ご移転で何を実現されたいのか」というイメージをお客様とウチダグループのプロジェクトメンバーとで常に共有できるよう心掛けて参りました。
変化を続け、更なる拡大を目指される強い意志をお持ちのお客様と共に、このプロジェクトに携われた事を大変光栄に思います。


パワープレイス株式会社
大阪デザイン室
小出 暢

髙宮社長様の想いや、西橋部長の期待、そして27Fというロケーション抜群のオフィス環境をいかにデザインしていくか、相当悩みました。しかし、お客様にも後押しいただき、我らウチダグループメンバーのフォローをいただき、想い通りのデザインをさせていただきました。
竣工後のオフィスを訪れ、皆さんが生き生きと働かれている様子を見ると非常に幸せな気持ちになります。
今後エスアールジータカミヤ様の更なるステップアップにシンクロする形で、オフィスもステップアップし続けていくことを期待しております。

(2014年10月取材)

お客さまについてエスアールジータカミヤ株式会社

1969年の創業以来、建設用仮設機材の安定供給を軸に成長を続けてきました。近年では環境保護事業や災害防止事業などの取組みにも力を入れ、グローバル展開も図っています。東証一部上場。

導入された商品・ソリューション

カタログのご紹介

ご相談・お問い合わせ

お電話での問い合わせ フリーダイヤル 0120-077-266 祝祭日を除く月曜日から金曜日 午前9時~午後5時
  • カタログのご紹介
  • 体感する“場” ショールームのご案内

ウチダのご案内

UCHIDA MORE INFORMATION

カタログ

カタログ

ウチダオフィスカタログ、iCata など

「体感する“場”」ショールーム

ショールーム

拠点一覧、見学のご予約など

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

ご相談、お見積りのご依頼など

お電話での
お問い合わせ
  • フリーダイヤル
  • 0120-077-266
  • 祝祭日を除く月曜日から金曜日
    午前9時~午後5時