無線対応プレゼンテーション用機器「ClickShare(クリックシェア)」

ボタン・本体

  • 1台で何個までのボタンを使うことができますか?
    同時に接続できるボタン(およびモバイルアプリ)の数は、
    CSE-800:64個
    CSE-200:16個
    CS-100:8個
    CSC-1(Classic):64個
    CSM-1(mini):8個
    となっています。
  • ボタンは充電式ですか?
    充電式ではありません。USB接続時に電源が供給されます。
  • 本体だけで購入できますか?
    本体のみの購入はできません。ボタンとセットでご購入下さい。
  • ボタンは購入したらすぐに使えますか?
    ペアリングが必要です。本体前面のUSBポートにボタンを差し込むとペアリングが始まります。
    詳しくはユーザー向けクイックマニュアルをご覧ください。
    クイックマニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • ボタンはUSBメモリとして使えますか?
    USBメモリとして使用することはできません。
  • プロジェクターの上や天井裏に設置しても問題ないですか?
    ボタンのペアリングやメンテナンスの面を考慮して、操作しやすいところに設置いただくことを推奨します。
  • 壁掛け設置は可能ですか?
    可能です。
    CSE-800、CSC-1(Classic):同梱されている金具をご使用ください。
    CSE-200、CS-100:裏面の十字孔を利用して、市販のフックなどに引っ掛けることが可能です。
  • 棚の中やラックの中に設置しても問題ないですか?
    無線LANの電波干渉や熱による本体への影響が出る可能性があります。
    実際に検証の上、ご利用ください。
  • 電源はコンセントから抜いても問題ないですか?
    CSE-800、CSC-1(Classic)、CSM-1(mini)、:本体電源を切ってからコンセントから抜いてください。
    CSE-200、CS-100:表示されている状態でコンセントから抜いて頂いて問題ありません。
  • VGA(RGB)端子しかない映像機器で使用したいのですが可能ですか?
    アクティブタイプの変換器を使用していただくことで投影可能です。
    弊社動作確認済み機器は都度変更になりますのでお問い合わせください。

クライアント端末・ソフトウェア

  • ClickShareが使えるクライアント端末をすべて教えてください。
    ClickShareは下記OSおよびバージョンに対応しています。
    Windows 7、8、8.1、10 32bit&64bit
    Mac OS 10.10、10.11、10.12、10.13、10.14
  • 毎回ソフトウェアを立ち上げる必要がありますか?
    PC上で専用ソフトウェアを立ち上げる必要はあります。
    ただし、常駐ソフトをインストールすることで、ソフトウェアを自動的に立ち上げる設定をすることは可能です。
    常駐ソフトのインストールに関しては、ユーザー向けクイックマニュアルをご覧ください。
    クイックマニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • 常駐ソフト「ClickShare ExtensionPack」はサイレントインストールできますか?
    可能です。
    具体的な方法については、ClickShare設置マニュアル「ClickShare ExtensionPack インストーラー」のページをご参照ください。
    設定マニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • 常駐ソフト「ClickShare ExtensionPack」の常駐(ランチャー)機能のみ、もしくは拡張表示機能のみをインストールすることはできますか?
    可能です。
    具体的な方法は、サポートページより、手順資料をダウンロードいただけます。
  • アプリ(ClickShare,ClickShare Presenter)はどのように検索すれば見つかりますか?
    各アプリストアで「ClickShare」(アルファベットで入力してください)で検索していただき、見つかるアプリの中から、「ClickShare」もしくは「ClickShare Presenter」をダウンロードしてご利用ください。
  • アプリが使用できる端末を教えてください。
    対応端末は、以下の通りです。
    ■CSE-800、CSE-200、CS-100、 (Android v5、6、7、8、8.1、iOS 8、9、10、11、12)
    ■CSC-1(Classic)、CSM-1(mini) (Android2.2以降、iOS5.0以降)
  • アプリではどのようなファイルを投影できますか?
    写真やOffice文書(Word、Excel、PowerPoint等)の投影ができます。
    クラウドストレージ上のファイル、ライブカメラ、アプリ内ブラウザを使用したwebページの共有ができます。
    Androidアプリでは、スクリーンミラーリング機能で端末の画面をそのまま投影できます。
    iOS端末では、Airplayを使ってミラーリングが可能です。
  • 受信メールの添付ファイルをアプリを使って投影することはできますか?
    可能です。

通信・ネットワーク

  • ボタンはどのくらいの距離まで通信できますか?
    見通しのよいところで30mの距離まで通信できます。
  • ボタンと本体の通信は何で行っていますか?規格を教えてください。
    WiFi通信です。802.11a/g/n に対応しています。
  • ボタンと本体の通信のセキュリティはどのようになっていますか?暗号化の方式を教えてください。
    AES CCMP方式を採用しています。
  • ボタンの通信はほかの無線LANと干渉しませんか?
    環境によっては干渉します。
    ただし、無線帯域(2.4GHzと5GHz)とチャンネル(2.4GHzは1-13CH、5GHzは36,40,44,48の4CH)を選択することによって、この問題を回避できる可能性があります。
  • 無線の強度は変更できますか?
    CSE-800、CSE-200およびCS-100はすべてのバージョンで変更可能です。
    CSC-1(Classic)はファームウェアv1.7.0.0から変更可能です。
    CSM-1(mini)はファームウェアv1.4.1.0から変更可能です。
    ファームウェアの最新版はサポートページより、ダウンロードできます。ファームウェアのアップデート方法については、管理者向けクイックマニュアルをご覧ください。
    クイックマニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。

管理・設定

  • 管理ページにアクセスする方法を教えてください。
    PCのWiFi機能でClickShareに接続し、ブラウザのアドレスでClickShareのIPアドレスを入力してアクセスします。
    本体のWiFi周波数が5GHzに設定されている場合は、5GHz非対応のPCではアクセスできません。
    その場合はiPhone等5GHz対応のスマートフォンなどでいったんアクセスして周波数を変更頂き、改めてPCに管理ページにアクセスしてください。
    詳細のアクセス方法については、管理者向けクイックマニュアルをご覧ください。クイックマニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • 管理ページは携帯やタブレットからでも見ることができますか?
    対応ブラウザ(Internet Explorer 8 以降、Firefox、Google Chrome、Safali)をご使用いただくと、閲覧可能です。
  • ファームウェアのアップデート方法はどのようにすればわかりますか?
    ファームウェアは、2つの方法(web管理画面経由、USBスティック経由)で更新できます。Web管理画面経由での更新は管理者向け簡易マニュアルをご覧ください。
    USBスティック経由での更新については、設定マニュアルのソフトウェアアップデートについての項目をご覧ください。
    各マニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • 壁紙は変更できますか?
    管理ページから変更することができます。
    独自の画像を壁紙に指定することが可能です。
    管理ページヘのアクセス方法については、管理者向けクイックマニュアルをご参照ください。クイックマニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。

投影について

  • 2画面出力は可能ですか?
    CSE-200およびCSM-1(mini)は2画面まで、CSE-800はモニター1台あたり4画面、デュアルディルプレイで最大8画面まで、CSC-1(Classic)は4画面まで出力が可能です。
    ただし、CSM-1(mini)はファームウェアのバージョン01.04.01.01以降のみ対応しております。
    詳しくは、ユーザーマニュアルをご参照ください。マニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • デュアルディスプレイモードとはなんですか?
    CSE-800、CSC-1(Classic)にて対応している2台のモニターやプロジェクターで同時に表示できる機能です。詳しくは、設定マニュアルをご参照ください。マニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • CSE-800やCSC-1(Classic)で、4分割表示された状態で5人目が投影しようとするとどうなりますか?
    投影しようとした人のPCにエラーメッセージが出ます。そのままボタンを長押しすると、5人目の画面が全画面表示されます。もしくは、既に投影されている人がボタンをクリックして抜けて頂き、再度クリックすると投影ができます。
  • CSE-200やCSM-1(mini)で、2分割表示された状態で3人目が投影しようとするとどうなりますか?
    CSE-800と同様、投影しようとした人のPCにエラーメッセージが出ます。そのままボタンを長押しすると、3人目の画面が全画面表示されます。もしくは、既に投影されている人がボタンをクリックして抜けて頂き、再度クリックすると投影ができます。
  • 同時接続数はボタンとアプリ両方を合わせた接続数ですか?
    ボタンとアプリを合わせて、CSE-800およびCSC-1(Classic) が64台、CSE-200 が16台、CS-100 が8台、CSM-1(mini) が8台です。
  • 画面分割を利用する場合、表示する順番は変えられますか?
    順番は変えられません。
    ただし、CSE-800のモデレーションモードを利用する場合は、左右モニターのいずれか任意の位置に配置することが可能です。

こんなときは?

  • 画面が表示されません。
    画面が表示されない場合、いくつかの原因が考えられます。該当する現象をクリックして、解決策をご確認ください。
    投影機器の画面が黒くなる、虹のようなストライプが入る、黒い線が入るなど
    投影機器にClickShareの待ち受け画面は表示されているが、clickshare.exeをクリックすると警告メッセージが表示される
    投影機器にClickShareの待ち受け画面は表示されているが、PCのUSBポートにClickShareボタンを挿してもボタンのランプが点灯しない
    ClickShareボタンが赤点滅しており、押しても投影機器に何も表示されない
    ClickShareボタンが白点滅しており、押しても投影機器に何も表示されない
    投影はできるが、画像が乱れる
    投影はできるが、何も操作していないのに投影が切断される
    DVDやブルーレイを再生している映像を投影しようとすると、何も表示されない
  • 画面が黒くなる、虹のようなストライプが入る、黒い線が入るなど、正しく投影できません。
    お使いのモニターやプロジェクターの解像度と、ClickShareで設定されている解像度が合っていない可能性があります。
    CSE-800、CSC-1(Classic)、CSE-200、CS-100では、解像度を「自動」以外に設定している場合
    管理ページにアクセスし、設定をご確認ください。
    管理ページのアクセス方法については、管理者向けクイックマニュアルをご覧ください。クイックマニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • 投影機器にClickShareの待ち受け画面は表示されているが、clickshare.exeをクリックすると警告メッセージが表示されます。
    PCでUSBデバイスの利用が認められていない可能性があります。管理者にお問い合わせください。
  • 投影機器にClickShareの待ち受け画面は表示されているが、PCのUSBポートにClickShareボタンを挿してもボタンのランプが点灯しません。
    USBポートが正しく動作するかどうかご確認ください。
    USBポートが正常の場合、PCでUSBデバイスの利用が認められていない可能性があります。管理者にお問い合わせください。
  • 投影機器にClickShareの待ち受け画面が表示されているが、ClickShareボタンが赤点滅しており、押しても投影機器に何も表示されません。
    ボタンと本体とをペアリングできていない可能性があります。本体の前面のUSBポートにボタンを挿してペアリングを完了させたあと、再度お試しください。
    ボタンのペアリング方法については、管理者向けクイックマニュアルをご覧ください。クイックマニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
    ペアリングが完了しても解決されない場合は、その他の問題が起こっている可能性があります。管理者にお問い合わせください。
  • 投影機器にClickShareの待ち受け画面が表示されているが、ClickShareボタンが白点滅しており、押しても投影機器に何も表示されません。
    クライアントソフトの起動が出来ていないことが考えられます。
    PCの画面にClickShareドライブが立ち上がっているかどうか確認し、立ち上がっている場合はclickshareの実行ファイル(Windowsの場合はclickshare.exe)をクリックしてソフトを立ち上げてください。
    ClickShareドライブが立ち上がっていない場合は、現在起動準備中であることが考えられます。
    しばらくお待ちいただいてもClickShareドライブが立ち上がらない場合、何らかの問題が起こっている可能性があります。管理者にお問い合わせください。
  • 投影機器に投影はできるが、画像が乱れます。
    ボタンのファームウェアと本体のファームウェアのバージョンが一致していない可能性があります。
    本体の前面のUSBポートにボタンを挿してペアリングを完了させたあと、再度お試しください。
    ボタンのペアリング方法については、管理者向けクイックマニュアルをご覧ください。クイックマニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。

    ペアリングを行っても解決しない場合、無線の電波干渉が起こっている場合があります。無線を空いている帯域に変更することで干渉を回避することができます。
    無線の帯域の変更方法については、設定マニュアル「webインターフェイス」→「WiFi設定」のページをご覧ください。設定マニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • 投影はできるが、何も操作していないのに投影が切断されます。
    無線の電波干渉が起こっている場合があります。無線を空いている帯域に変更することで干渉を回避することができます。
    無線の帯域の変更方法については、設定マニュアル「webインターフェイス」→「WiFi設定」のページをご覧ください。設定マニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • DVDやブルーレイを再生している映像を投影しようとすると、何も表示されません。
    映像コンテンツにコピーガードがかかっている可能性があります。
    ClickShareはHDCPに対応しておりませんので、コピーガードがかかっているコンテンツの再生はできません。
    お手数ですが、他の手段で投影を頂くようお願いいたします。
  • 2画面で表示できません。(CSM-1(mini))
    ファームウエアが最新版に更新されていない可能性が高いです。ClickShareサポートページより、最新のファームウエアをダウンロードし、アップデートをしてください。
    アップデート方法については、管理者向けクイックマニュアルをご覧ください。クイックマニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • ファームウェアは最新ですが、2画面で表示できません。(CSM-1(mini))
    投影するデバイスとして、iOS、Androidアプリ「ClickShare Presenter」をお使いかどうか、ご確認ください。「ClickShare Presenter」からの投影は1画面表示のみの対応となっております。PCに挿したボタンから投影した場合のみ、2画面投影に対応しております。
  • 投影した際に左下に表示される文字が文字化けしてしまいます。(CSM-1(mini))
    PCのログイン名が日本語の場合に、投影する際に表示されるユーザー名が文字化けすることがございます。投影には問題ございません。PCのログイン名を英数字にしていただくことで、正しく表示されます。
  • CSM-1(mini) で、iOS版のアプリを使って投影しようとするとアプリがダウンします。
    iOS版のアプリは、CSM-1(mini) をご利用の場合、ファームウェアv01.04以降でお使いいただけます。
    お使いのClickShareのファームウェアを最新版にアップデートしていただいた上でご利用ください。アップデートの方法など、詳細は、サポートページにてご確認ください。
  • 音声が出力されません
    ClickShareの音声出力は、管理画面で出力ポートを指定します。管理画面で音声出力メニューをご確認ください。
    管理画面へのアクセス方法は、管理者向けクイックマニュアルをご覧ください。クイックマニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • CS-100CollaboSuiteで、AirPlayで投影ができません
    CS-100でAirPlayをご使用いただく場合は、オンスクリーンテキスト形式を日本語に設定していただく必要があります。
    管理画面の初期ウイザードもしくは、「カスタマイズ」メニューより、「スクリーンに表示されるテキストの言語」が日本語に変更してください。
    管理画面へのアクセス方法は、管理者向けクイックマニュアルをご覧ください。クイックマニュアルは、サポートページより、最新版をダウンロードいただけます。
  • USBメモリを使ったファームウェア更新ができません
    USBメモリを使用したファームウェア更新に際しては、以下をご確認ください。
    ・USBメモリは、暗号化されていないものをお使いください。
    ・USBの直下に、Zipファイルを展開したフォルダ内にあるファームウェアのファイルを保存してください。
    ・CSC-1、CSM-1、ファームウェアバージョン1.4以前のCSE-200、CS-100の場合は、ファームウェアの名前を「clickshare_firmware」に変更してください。
    ・ClickShareベースユニットのFirmware更新に用いるUSBメモリには、FATもしくはFAT32でフォーマットされたものをご使用下さい。
    exFATやNTFSでフォーマットされたUSBメモリは、ClickShareベースユニットに接続しても認識されないため、Firmware更新には使用できません。
今なら、無料デモ機貸出中!

ご相談・お問い合わせ

お電話での問い合わせ フリーダイヤル 0120-077-266 祝祭日を除く月曜日から金曜日 午前9時~午後5時
  • 働き方変革を支える会議アイデア
  • カタログのご紹介
  • 体感する“場” ショールームのご案内

ウチダのご案内

UCHIDA MORE INFORMATION

カタログ

カタログ

ウチダオフィスカタログ、iCata など

「体感する“場”」ショールーム

ショールーム

拠点一覧、見学のご予約など

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

ご相談、お見積りのご依頼など

お電話での
お問い合わせ
  • フリーダイヤル
  • 0120-077-266
  • 祝祭日を除く月曜日から金曜日
    午前9時~午後5時

TOP