UCHIDA IoT Model センサーネットワーク & ビル統合管理システム

for Building
働く環境を最適にして生産性向上、安全・安心、ゼロ・エネルギーを実現 - UCHIDA IoT Modelは、センサーネットワークビル統合管理システムで、働く人の最適環境をつくるソリューションです。

換気の重要性= CO2 濃度の見える化

CO2濃度上昇、空気の淀みを、LEDの色で知らせる
会議の流れを止めない、さりげなさ

従業員に配慮した環境指標のひとつに、“ CO2 濃度” があります。ビル衛生管理法では、CO2 濃度は1,000ppm 以下が望ましいとされています。しかしこのCO2 濃度はコロナウィルスの影響により、その重要性が大きく変わりました。比較的閉ざされた空間、例えば会議室などに一定時間人がいることで発生するCO2 濃度の上昇は、換気の必要性を促します。

CO2 濃度を測定することで、人の在不在に比して換気状況が良いか悪いかをある程度判断できる指標になります。

UCHIDA IoT MODEL の“CO2 アラートネオン” はCO2 濃度をLED の色でさり気なく知らせることで、会議の流れを妨げることなく会議室の換気を促します。

このように、CO2 濃度の見える化により、快適性だけでなく安全性確認の指標にもなります。

働く場の最適環境の構築に役立つ情報をご提供します。
お気軽にお問い合わせください。

0120-077-266
祝祭日を除く月曜日から金曜日 午前9時~午後5時

TOP