セキュリティ・金庫

オフィス家具の「鍵」の運用を効率化「ウチダキーソリューション」

オフィスや公共施設ではセキュリティ対策が欠かせません。大切な書類やデータが入ったPCなどは収納庫やワゴンに鍵をかけ、持ち出し管理などを厳重に行うことがオフィスの常識となっています。その反面、鍵の管理や運用に煩わしさを感じたり、セキュリティ強化が原因で作業効率が落ちて困っているなどの課題をお持ちの企業・組織も多いのではないでしょうか。そこでウチダでは、お客様ごとの課題や運用などに合わせたKey solutionをご提案しています。
Key solution対応のウチダオフィスファニチュアなら、より便利に快適に鍵の運用を行うことができます。

内筒交換錠

内筒交換錠

太い円筒(外筒)の中に細い円筒(内筒)が入っており、鍵を差し込み内筒を回転させて開閉する構造で一般的にシリンダー錠と呼ばれています。その内筒部分を交換できる錠前を「内筒交換錠」といいます。

内筒交換錠の特長

  • リバーシブルキー
    鍵の抜き差しが簡単な上下が同じ形のリバーシブルキーを採用しています。
  • ロック表示
    ロック表示は、施錠状態では赤、解錠状態では白色で表示。施錠されているかどうかがひと目でわかり、鍵のかけ忘れも防止できます。

[ おススメ ] ブラインドマーク錠について

  • 一般的なシリンダー錠
  • ブラインドマーク錠
一般的にオフィス家具に装着されているシリンダー錠には鍵を差し込む部分に鍵番号が刻印されています。
これは鍵を紛失した際に速やかにオフィス家具メーカーにスペアキーを手配するための配慮です。
ただし、この場合鍵番号は誰からも見えるため第三者がスペアキーを入手することも可能です。
ブラインドマーク錠の鍵番号は内筒の側面に刻印されているため専用鍵(チェンジキー)を使って内筒を抜き出さないと確認できません。専用鍵をもつ管理者がスペアキーの手配を一元管理することができます。

※ブラインドマーク錠はウチダ内筒交換錠のオプションメニューです。今お使いのウチダ内筒交換錠をブラインドマーク錠に交換することもできます。
※専用鍵で内筒が引き出せるのは解錠時のみです。

内筒交換錠の活用方法

  • 個人が管理する鍵の数を減らすことができ、鍵の番号を照会する手間も省けます。
  • 担当者不在時の管理者による緊急解錠や、終業後の閉め忘れを防止することができます。
  • 企画室などチームでワークする機会の多い部署や、機密書類など重要書類を保管する部署に最適です。
  • グループごとにマスターキーを作成し、さらに個々人がデスクやロッカーを同じ鍵番号で統一させたりと、さまざまな運用が可能です。

内筒交換錠対応の商品

ダイヤル錠

ダイヤル錠

任意で設定した4桁の暗証番号で施錠・解錠ができる錠前です。
鍵を必要としないキーレス運用で紛失・複製の心配がありません。(通常使用時に鍵は必要ありません。)

ダイヤル錠の特長

  • キーレス運用
    施錠は、引出しを閉めてつまみをクローズにまわすだけ。開錠も鍵は4ケタの暗証番号で対応。鍵を持ち歩いたり、なくす心配とは無縁です
  • 鍵をかけるわずらわしさの軽減
    暗証番号を合わせ開錠した後、ダイヤルをランダムにしても、そのまま施錠することができます。
    従来のダイヤル錠のように施錠の際も暗証番号を合わせる必要がありません。
  • 開けやすいつまみ
    従来の「指でつまむ」から「指をかける」つまみを採用。指一本でかんたんに開け閉めできます。
  • 非常開錠キーの販売
    暗証番号を忘れた場合のために非常開錠キーをご用意しております。当社担当営業までお問い合わせください。
  • 指定ダイヤル錠への変更
    非常開錠キーをお客様独自の指定錠へ変更することができます。内筒を交換するだけですので、ご購入後もかんたん・短納期で承れます。
  • 選べる2つの開錠方法
    を閉めたときの番号がそのまま暗証番号になる「自由変換方式」と、使用者が設定した暗証番号を設定する「固定式」を選べます。
    ※取っ手付タイプのみ対応

ダイヤル錠の活用方法

  • 使用者が4桁の任意の数字を設定できるので、同じ番号になる確率が低くなります。
  • 使用者が4桁の任意の数字を設定できるので、同じ番号になる確率が低くなります。「暗証番号=鍵」なので、セキュリティの為の定期的な暗証番号の変更も容易です。

従来のダイヤル錠より手軽に施錠

ダイヤル錠(内筒交換タイプ)対応の商品

ダイヤル錠取っ手付(内筒交換タイプ)対応の商品

プッシュ錠

プッシュ錠

ボタンによる数字の組み合わせで施錠・解錠ができる錠前です。暗証番号は任意で設定できるためセキュリティに優れています。
鍵を必要としないキーレス運用で紛失・複製の心配がありません。

プッシュ錠の特長

  • キーレス運用
    暗証番号は任意の番号に設定できます。解錠はボタンを押してつまみを回すだけ。
  • 視覚障がい者配慮
    目視をしなくても手で触れて操作を確認できます。
  • 盗み見防止
    ボタンを押し指を離すと戻ってくるので、盗み見されにくい仕様です。
  • 指定ダイヤル錠への変更
    内筒の交換により、従来より簡単・短納期で承れるようになりました。

解錠方法について

標準は使用者が設定した暗証番号を使用するメンバー方式(固定式)です。別製にて扉を閉めたときの番号が暗証番号になるビジター方式のプッシュ錠もご用意しておりますので、当社担当営業までお問い合わせください。

プッシュ錠対応の商品

IC カード錠

ICカード錠

ICカードで施錠・解錠ができる錠前です。手持ちのICカードを鍵として使うことも可能です。ICカードは複製がしにくいため、防犯性が高いのが特長です。(ICカードはFeliCa/MIFARE対応です。)
※ FeliCa(フェリカ)はソニー株式会社の登録商標です。
※ MIFARE(マイフェア)はNXPセミコンダクターズの登録商標です。

ICカード錠の特長

  • カードを新規につくる必要なし
    手持ちのICカード(社員証・学生証など)で施解錠ができます。もちろん鍵を持ち歩く必要はありません。
  • 高いセキュリティと操作性
    操作は「起動ボタンを押す」→「カードをかざす」→「つまみを回す」の3アクション、その上ICカードは複製しづらくセキュリティも安心です。
  • 電池で駆動
    AC電源を必要としないので、キャビネットやロッカーを自由にレイアウトできます。
    ※単三アルカリ電池×4使用

ICカード錠の使い方

<鍵のかけ方>

鍵のかけ方
1. 起動ボタンを押し、ICカードをかざします。
2. ツマミをに回すと鍵がかかります。

<鍵のあけ方>

鍵のあけ方
1. 起動ボタンを押し、ICカードをかざします。
2. ツマミをに回すと鍵があきます。

選べる2つの運用モード

< ビジター方式>

お手持ちのICカードで、1度だけカギの開け閉めができます。

オフィスに席をもたないモバイルワーカーが一時的にカバンやPCを保管したいとき、ICカードがカギ代わりになります。

一度施錠、解錠を操作すると登録されたICカードがリセットされますので使用後、別のユーザーが使用することができます。

<メンバー方式>

あらかじめ登録したICカードで、開け閉めができます。最大500枚のカードが登録可能。
別途カードを登録・削除するための機能カード、メンバーモードへの変更カードを購入していただく必要があります。(当社担当営業までお問い合わせください)出荷時はビジター方式となっております。

IC カード錠対応の商品

マイナンバー制度対策は万全ですか?

ウチダのご案内

UCHIDA MORE INFORMATION

カタログ

カタログ

ウチダオフィスカタログ、iCata など

「体感する“場”」ショールーム

ショールーム

拠点一覧、見学のご予約など

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

ご相談、お見積りのご依頼など

お電話での
お問い合わせ
  • フリーダイヤル
  • 0120-077-266
  • 祝祭日を除く月曜日から金曜日
    午前9時~午後5時