目的別ICT活用術

目的にあったICTツール導入が活用の鍵!

情報発信・共有などさまざまな目的で導入が進むICTツール。導入後の効果を高めるためにも、その目的にあったツールを導入することが大切です。ICTツールをより効果的に活用するために、目的別に活用術をご紹介いたします。

目的別ICT活用術 1 
コラボレーションを促進したい!

自分ひとりや部署内だけでなく、組織の枠を飛び越えて様々なアイデアがぶつかり合うこと、コラボレーション促進の環境を整えることは、新しいアイデアとアイデアが出会い、革新を生むための大切な要素です。

活用術
 会議室での情報量を増やす!
会議室での情報量を増やす!

各自が持っているさまざまな情報やアイデアは、他の人の「目に見える」形になってこそ意味を持ちます。RGBケーブルを抜き差しすることなく、ノートPCなどの情報を簡単に投影できるツールがあれば、会議中にスクリーンへ共有される情報量がアップ。コラボレーションが促進されます。

無線対応プレゼンテーション用機器
ClickShare

USBにボタンを指し込み実行ファイルを起動するだけ。インストール不要、ボタンを押すだけで投影ができます。

商品情報はこちら
ワイヤレス画像投影
wivia

タブレットPCやスマートフォンからも投影することができます。

商品情報はこちら
活用術
 投影した資料に直接書き込み、説得力アップ!
投影した資料に直接書き込み、説得力アップ!

ホワイトボードに投影した情報に直接書き込みができるので、参加者から出た新たなアイデアを逃すことなく書き込み。ホワイトボードに取り付ける操作シートでPCの操作もできるため、集中力を途切れさせることなく、効果的なプレゼンテーションや会議をお約束します。

電子情報ボードシステム
Deldea

既存のホワイトボードを電子ホワイトボード(電子黒板)として利用できます。画面保存や印刷なども。

商品情報はこちら
活用術
 遠隔地とリアルタイムに情報共有!
遠隔地とリアルタイムに情報共有!

リアルタイムで双方向から書き込みが行える電子ボードシステム。双方向で書き込みができるので、意思の疎通がしやすく、活発なコラボレーションが期待できます。遠隔地との会議はもちろん、災害・事故発生時の拠点間の情報共有にも最適です。

電子ボード
SMART Board

多機能で使いやすい世界シェアNo.1の電子ボード。遠隔地間で接続して利用できます。

商品情報はこちら
目的別ICT活用術 2 
時間短縮・コスト削減したい!

無駄な時間やコストを削減し、より生産性を高めていくための方法。ペーパーレスやモバイルワークなど、近年注目を浴びている働き方は、ICTツールなくしては実現不可能です。

活用術
 ペーパーレス会議でコスト削減!
ペーパーレス会議でコスト削減!

資料を事前に準備・配布するのは意外に手間がかかるもの。特に膨大な資料が配布される役員会議などは、印刷費も人的コストもかかります。会議の資料をアップロードするだけで、iPadから簡単に閲覧できるシステムがあれば、会議の運営コストの削減が可能です。

ペーパーレス会議システム
モバイル会議

役員会議や取締役会にも最適。議事進行に沿ってiPadで資料を同期して表示させることが可能です。

商品情報はこちら
活用術
 オフィスに忘れた資料に外出先からアクセス!
オフィスに忘れた資料に外出先からアクセス!

外出先でも、iPadから社内のファイルサーバやPC内のファイルが閲覧できるので、必要な情報をタイムリーに活用できます。商談で用意していなかった資料も取り出してすぐに提案。さらに、ペーパーレス化にも役立ちます。

ネットワークファイルビューワー
DirectPOD

社内のさまざまなデータストレージに外出先からiPadでアクセス。多様なシーンで、iPadの利用用途を拡大できます。

商品情報はこちら
活用術
 出張先や自宅から会議に参加。
出張先や自宅から会議に参加。

出張中、在宅勤務など、さまざまな理由で会議室にいられなくても、ネットワークにつながったノートPCやモバイル端末さえあればどこからでも会議に参加できるシステム。場所にしばられることなくコミュニケーションできるので、時間を効率的に使うことができます。

遠隔会議システム
Vidyo

自宅や外出先など、ネットワーク帯域が拠点ごとに異なるインターネット環境でも利用することができるビデオ会議システムです。

商品情報はこちら
目的別ICT活用術 3 
オフィスの運用を容易に!

最新のICTツールを導入しても、思ったように活用されなければ期待された効果をあげることはできません。活用の鍵は、管理者だけでなく、だれでもが使えるように運用を容易にすること。稼働率がアップし、投資効果を高めることができます。

活用術
 無駄な会議予約を排除し、稼働率をアップ!
無駄な会議予約を排除し、稼働率をアップ!

会議室の「カラ予約」に悩まされている担当者は少なくありません。PCと会議室前の端末の両方から、会議室の予約・キャンセルや利用状況の把握ができるシステムを導入すれば、限られた会議室を有効活用することができます。

会議室予約・運用システム
SmartRooms

ご利用中のグループウェア(クラウド型・オンプレミス型)の会議室予約とシームレスに連携でき、専用サーバも不要です。

商品情報はこちら
会議室予約管理システム
SmartTimeShare ValueEdition

会議室前のタッチパネル式表示端末と、webブラウザの両方から、会議室の予約と利用状況の把握ができるシステムです。

商品情報はこちら
活用術
 会議室のセッティングが、短時間でだれでも簡単に!
会議室のセッティングが、短時間でだれでも簡単に!

さまざまなICTツールを導入しても、操作方法がわからず、担当者がいないと使えないという状態では効果が半減してしまいます。直観的な操作で、だれもが簡単に会議室の環境をコントロールできるシステムがあれば、いつでも有効活用されるでしょう。

AV環境制御システム
codemari

スクリーン/プロジェクター/照明/スピーカーなど複雑なAV機器をiPadで楽々操作できます。

商品情報はこちら
環境制御システム
UbiqPANEL Light

パソコン/DVD/ビデオ/TVなど複数の入力ソースを、複数の出力機器(モニタやプロジェクターなど)に割り当てることができます。

カタログはこちら
目的別ICT活用術 4 
ナレッジの共有を促進したい!

企業のさまざまな情報や知識=ナレッジを、積極的に社内外へと発信し活用することは、コミュニケーションやブランド力の向上に役立ちます。思わず触りたくなるような仕掛けや直感的な操作方法で、ナレッジ共有を促進します。

活用術
 インタラクティブ型サイネージで訴求力アップ!
インタラクティブ型サイネージで訴求力アップ!

タッチパネルやICタグを使って、利用者自身が必要な情報にアクセス。自らが能動的に情報に触れるため、訴求力もアップします。ショールームや社内のリフレッシュスペースなどに設置することで、利用者が楽しみながら情報にアクセスでき、ナレッジ共有を促進します。

インタラクティブサイネージ
Oiteminfo2

タッチパネルやICタグ、バーコードで利用者自身が情報を検索できるインタラクティブ型のデジタルサイネージです。

商品情報はこちら
活用術
 最新情報を手軽に発信!
最新情報を手軽に発信!

表示したいコンテンツを指定フォルダに入れるだけというサイネージ。PowerPoint、HTML、JPEGなどのファイルが表示できるので、コンテンツの入れ替えを自分たちの手で、頻繁に行いたいという時に最適です。

デジタルサイネージ
Board Man Touch

タッチパネルディスプレイを利用したインタラクティブなサイネージシステムです。コンテンツの入れ替えも、お客様で簡単に行えます。

商品情報はこちら
活用術
 複数コンテンツを同時に表示。
複数コンテンツを同時に表示。

店舗や受付などお客様の目に触れる場所での情報発信はもちろん、社内掲示板としてお使いいただくこともできます。動画、テロップ、PowerPointなど複数のコンテンツを同時表示することができるので、その場の目的に合わせて最適な情報発信を行うことができます。

PUSH型サイネージ
電子看板システム

動画、静止画、テロップなど、電子看板システムでは複数コンテンツの同時表示が可能です。

商品情報はこちら

ウチダのご案内

UCHIDA MORE INFORMATION

カタログ

カタログ

ウチダオフィスカタログ、iCata など

「体感する“場”」ショールーム

ショールーム

拠点一覧、見学のご予約など

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

ご相談、お見積りのご依頼など

お電話での
お問い合わせ
  • フリーダイヤル
  • 0120-077-266
  • 祝祭日を除く月曜日から金曜日
    午前9時~午後5時